2009年08月31日

セミの抜け殻で一句(其の弐)

こんばんは、ノンベールです。

犬の散歩に行ったところ、公園で「ありえないモノ」を目にしました。


ありえないセミの抜け殻




何がありえないか、お分かりになりますでしょうか。


まず、セミが脱皮するときには普通、木とかに登りますよね。

それが、落ち葉につかまっている!

なかなかありませんよね。




さらに、なんと2匹のセミが、同じ葉っぱにつかまっているのです。

落ち葉なんて、無数にあるのに。



そこで一句詠みました。




ありえない ことが満載 この命




それが人間(私ノンベール)の目について、こうやって写真がブログに載っていることも、ものすごい確率です。

生命とか出会いの不思議を感じずにはいられません。
ラベル:セミ 俳句
posted by ノンベール西澤 at 02:40| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。