2009年06月04日

滝はサンズイに「竜」と書く

こんにちは、ロイです。

巨大な滝の前に1時間ほど佇んで一句。


「息を飲み 落ち行く白流(はくりゅう) とめどなく」





nungnung.jpg


ものすごい水流で、まるで、水が息を落ちて行くかのような迫力がありました。

因みに「白流」は「白龍」と掛けてあります。
ラベル: 俳句
posted by ノンベール西澤 at 01:21| Comment(4) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お。
これはなかなかの名句ではないでしょうか?
Posted by 西沢知樹 at 2009年06月04日 07:35
>西沢知樹さん
どうもありがとうございます!
自己採点で10点中8.5点です。
Posted by ロイ at 2009年06月04日 08:42
8.5…
9点以上って年数回なんですよねえ…!

それにしてもこれだけ近いとしぶきでびしょびしょになりますね。
Posted by 翔一 at 2009年06月08日 01:23
>翔一さん
コメントありがとうございます。
滝の真正面ではなく、ちょっと斜めなので特に濡れなかったです。
9点以上の句もいつか作りたいですね。。。
Posted by ロイ at 2009年06月08日 02:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。