2009年04月04日

酒(さけ)という言葉の語源

こんばんは、ノンベールです。

酒(さけ)という言葉には、言霊(ことだま)的にどういう意味があるかご存知ですか?

私ノンベールが昨日知った話なのですが、偉そうにシェアさせていただきまっす。



酒の「さ」。

この意味は・・・幸(さち)、つまり「幸せ」を表しているらしいです。


そして酒の「け」。

これは「食事」を表しているらしいです。


え?

どうして「け」が食事か?

私ノンベールも同じことを疑問に思いましたが、
朝餉(あさげ)とか夕餉(ゆうげ)と言いますよね。

ですから「け」は食事なのです。


・・・ということは「酒」というのは「幸せになる食事」という意味になります。


なるほど。。。



これでノンベール街道まっしぐら!


自信を持って飲み続けられそうです。

ノンベールは幸せの伝道師なんだ。(きっと)





ことだまに興味がある方は・・・

ジパング・コード 〜隠された日本語の暗号〜
ラベル: ことだま
【関連する記事】
posted by ノンベール西澤 at 23:29| Comment(0) | 酒の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。