2009年03月16日

くじが当たった

こんばんは、ノンベールです。

今夜は「酒場の名言」をお届けします。

この名言の主は・・・姪(めい)の「あやたん」5歳。



・・・え、酒場じゃないって?

まぁまぁまぁ、堅いことは仰らず・・・

実家でみんな集まって飲んでいたときなのでまあいいでしょう。



さて、まずは私ノンベールの息子が「くじ」を作って持ってきました。


「一枚引いて」


kuji.jpg



早速、1枚引きます。

「当たり」が出ることを願って・・・

バッ!

と広げました。





  「ばつ」




「はずれ」ではなく、「ばつ」という言葉にちょっと癒されつつも、当たらなかったのは残念。




それから約5分後。

今度は姪のあやたんが同じような「くじ」を作って持ってきました。


1枚を選ぶ私ノンベール。



「当たれ〜」と心の中で強く願いつつ・・・・


バッ!

と広げました。










  「当たり」








やったー!当たったー!

と喜ぶ私。




そこで、あやたんが一言。





「全部当たりだから。」






とても幸せな気分になりました。
ラベル:くじ
【関連する記事】
posted by ノンベール西澤 at 02:07| Comment(0) | 酒場の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。