2009年02月20日

店員の言葉遣い

こんばんは、ノンベールです。

今日は休肝日。



・・・ごめんなさい、ウソです。


今夜もしっかりとビールを飲んでいます。

さて今夜も酔った勢い(=思いつき)で更にコーナー(=カテゴリー)を増やして行きましょう。

変な日本語、略して「にへんご」のコーナーです。



(・・・はい、「略してないだろう」という心の中でのツッコミありがとうございます。)


さて私ノンベールは、酔った勢いでコンビニにクロネコメール便を出しに行きました。

(メール便は大きさ(主に厚さ、2センチまで)の制限がありますが、伝票番号で追跡ができるのと安いのとで重宝します。)

そこで、店員さんのこの一言が非常に気になる。

メール便は厚み1センチまでと2センチまでの2サイズがあり、A4サイズの場合、1センチまでは80円、1センチ超2センチまでは160円です。

店員さんは黄色い道具(形状はH型)を使い、厚みを測ります。

私ノンベールが送ろうとしていたのはDVDと書類の入った封筒なので、2センチ弱のはずでした。

そして店員さんがこう言うのです。





  「2センチになりますが、よろしいですか?」





この発言、全くもって意味が分かりません。

なお、ノンベー(ル)が絡んでいる、などと思って欲しくないです。


だって、「よろしいですか?」ということは、良いか良くないかを質問していることになります。

それはつまり、「もし『1センチ扱い』にならないなら、出さないことがある」とでも思っているのでしょうか?


客としては、荷物を出しに来ているのであって、1センチに収めようとしているのではありません。

もちろん、500円が1000円になるとかであれば、まだ分かりますが、80円が160円ですよ。


だから「2センチ扱いになるという事実を伝える」べきです。

間違っても「確認」とか「質問」してはいけません。


私ノンベールは言語学をやっていたこともありますが、こういう店員の気になる言葉遣いってたくさんあります。

「1000円からお預かりします」の「から」が気になる方が多いでしょうが、私ノンベールはそこではありません。







「ちょうどお預かりします。」






預かってないやんけ!

全てあなたが受け取るべきお金です。





もっと言葉は的確に使って欲しいな・・・


P.S.
人の日本語に突っ込みを入れていますが、私ノンベールの日本語がおかしい場合にはお酒が原因の場合が多い(ろれつが回っていないとか)ですのでご勘弁下さい。

P.S.2
「から」についての考察は後日・・・
ラベル:日本語
【関連する記事】
posted by ノンベール西澤 at 23:55| Comment(0) | にへんご | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。